読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

稲毛駅伝部

みんなで繋げば・楽しく繋がる ~ マラソンや陸上初心者の方でも参加できる駅伝サークル in 千葉市

愛子さんありがとう。赤い魂を胸にこれからも走り続けます

大会・公式戦

稲毛駅伝部の川島です。

10月も目前の稲毛海浜公園でハーフリレーに参加しました。ランナー16名・サポート(マネージャー・カメラ)3名。

f:id:es4794:20160926233846j:plain

 

今年4回目の大会は「ハーフ駅伝」1周3km×7周の襷リレーです。全体的に走力が上がってきたので1チーム3人編成で挑んできました。号砲を待つ5本の襷たちに待ち受けるドラマはいかに。

f:id:es4794:20160926234225j:plain

 

シャッターチャンスを虎視眈々と狙ってくれたのはマネージャー復帰してくれたがこさん。待ってたよー♪ 

f:id:es4794:20160926233844j:plain

  

夏の練習を乗り越えて、走力が一回り大きくなった人も、夏の飲み会を乗り越えて、お腹が一回り大きくなった人も、レース後の打上げが楽しみな人も。みんな出し切ってきました。

 

さらに今大会は、マネージャーの愛子さんの送別会も兼ねていました。引越しして千葉を離れる愛子さんと一緒に参加する大会もこれが最後。全力を出し切ってサイコーの想い出を残して送り出そうと思った矢先に、、、愛子さんからサプライズでTシャツのプレゼントが!

f:id:es4794:20160926233838j:plain


この大会に併せて皆にナイショで作ってくれました。このシルエットを写真からコピーして、黒塗りして、カッターでくり抜いて作ってくれたみたい。皆に喜んでもらえるか不安で、前日は夜3時まで寝れなかったとか。それだけ想いが詰まったTシャツ。もー出走前に全員テンションMAXです。

f:id:es4794:20160926233919j:plain

ブルーのTシャツは川島の失敗作をリスペクト(その気持ちも嬉)してくれたもの。私の判断ミスで皆さんには申し訳ない気持ちで一杯でしたが、愛子さんのTシャツが吹き飛ばしてくれました。

 

号砲間近の赤軍団。10時スタートの頃は気温が30度近くまで上昇して消耗戦の気配も。

f:id:es4794:20160926233907j:plain

 

ただこの赤Tシャツ。ドライメッシュで着やすいだけでなく、遠くから見てもすごく目立つので、襷を待つランナーも分かりやすいと好評でした。 

f:id:es4794:20160926233853j:plain

 

周回の順番は各チームキャプテンに一任しているので、1周ごとに休憩するチームもあれば、休憩をはさまず纏めて走るチームもあります。

f:id:es4794:20160926233909j:plain

f:id:es4794:20160926233836j:plain

f:id:es4794:20160926233833j:plain

f:id:es4794:20160926233827j:plain

f:id:es4794:20160926233828j:plain

f:id:es4794:20160926233829j:plain

f:id:es4794:20160926233831j:plain

f:id:es4794:20160926233825j:plain

f:id:es4794:20160926233826j:plain

 

そして駅伝には魔物がいる。襷を待つ仲間を思いながら走ると、普段通り走っているつもりでもついオーバーペースにさせてしまう魔物です。

 

一人の練習だったら投げてしまうけど、チームで走るから眠っている力を引っぱり出してくれる。体力の限界に挑んでやっと襷が繋がる。受取った次のランナーは襷の重さを感じながらまた走り出せるのかもしれません。 

f:id:es4794:20160926233904j:plain

f:id:es4794:20160926233900j:plain

f:id:es4794:20160926233854j:plain

 

だから襷を繋ぎ切った達成感がたまらない。

レースが終わる頃には襷はズッシリと重くなる。まうで子供の頃に戻ったように夢中で走り、力を出し切った仲間を温かく迎える。

f:id:es4794:20160926233911j:plain

 

f:id:es4794:20160926233857j:plainf:id:es4794:20160926233913j:plain

f:id:es4794:20160926233916j:plain

f:id:es4794:20160926233915j:plain

f:id:es4794:20160926233912j:plain

 

暑かったけどみんな気持ちをこめて走った。愛子さんのTシャツがそんな気持ちにさせてくれた。駅伝部にまた一つ伝説が生まれました。

 

レース後は、駅伝部給酒ポイント・リカーショップウダさんへ移動して、愛子さんの送別会へ。

f:id:es4794:20160926233847j:plain

 

愛子さん、名前の通り愛されてるなーって思いました。最後に楽しくお別れするために、稲毛海岸にたくさんの仲間が集まった。裏方の人達がこの日のために準備を重ね、参加者が惜しみなく力を貸してくれた。走り終えたランナーだけでなく、予定の合間を縫って参加してくれた人達にもサイコーのご馳走とお酒が待っていました。

f:id:es4794:20160926233849j:plain

f:id:es4794:20160926233851j:plain

f:id:es4794:20160926233850j:plain

f:id:es4794:20160926233848j:plain

f:id:es4794:20160926233837j:plain

 

稲毛駅伝部のコンセプトは「楽しく走り、頑張る仲間を応援する」こと。

 

もしこれから先、苦しかったり気持ちが折れそうになっても、この赤いTシャツがあれば愛子さんがいつもそっと背中を押してくれる気がする。心地よい疲れを感じながらそんな事を考えていた秋の一日でした。

 

今までありがとう愛子さん。

これからも赤い魂を胸に走り続けたいと思います。

 

この稲毛駅伝部で。

f:id:es4794:20160926233824j:plain

9月大会へエンジン始動、自主連の猛者ランナーも紹介~ゆる連レポート

合同練習

どーも虎之助です。

いつもは静かな公園なのに、今日は朝からテンションの高い大人が集まってきて「ワイワイ」「ゲラゲラ」ゆっくり寝てられないんですけどー。

f:id:es4794:20160830082601j:plain

駅伝部のオフ会レポートです。

8月下旬になると朝晩の気温が少しずつ下がり始め、走りやすい季節になってきました。9月のオータムハーフまで1ヶ月を切り、部員も少しずつエンジンが掛り始めてきました。


暑さで練習量や距離がペースダウンする夏場、(特に)自主連を盛り上げてくれた猛者ランナー達を、敬意を表して紹介します。

新井パイセン・・・本格的に走り始めてまだ8ヶ月ですが、もはや駅伝部の誰もが認めるアスリートへと成長。「Q:今後の大会の予定は?」「A:つくば⇒アクア⇒来年は名古屋ウィメンズ狙っております♡」。隣駅までプロテインを買いに走るときも。あっぱれ。

f:id:es4794:20160830082613j:plain


かずくん・・・腰高フォームで地面を軽快に蹴り出しながら、まるで自転車のように走れるのはコツコツ積み上げた練習の成果かも。とにかく朝が強い。かずくんの朝連終了の投稿が目覚ましになることもしばしば。

f:id:es4794:20160830082612j:plain



トミザップ・・・この夏、駅伝部とボクシングの「ミット打ち」をコラボさせた自主連イベントを起動。メンタルの強さがハンパ無いですが、ゆるランもガチランも両方使いこなせる駅伝部のエース。※名誉のためここでコメントは止めておきます

f:id:es4794:20160830082600j:plain


ゆうこりん・・・朝晩やスキマ時間でコツコツ走り盛り上げてくれてます。ランウェアの着こなしもカッコイイし、走り終わったGAMIN投稿を見るとテンションUP。ゆうこりんの自主連に背中を押されたり・ケツバットされて走り出した人もきっと多いはず♪

f:id:es4794:20160830082606j:plain


また有志のランナーで大人の秋遠足(箱根ランツアー)も企画中。楽しいこと・面白いこと大好きな仲間たち。今回もハニートラップがあるのかないのか。箱根の山には魔物がいますからね。気をつけて呑んできてください♪

f:id:es4794:20160830082607j:plain


最初はウォーミングアップも兼ねてみんなでゆっくり。談笑しながら2km。その後1kmラップ30秒刻みを走力に合わせてペーランです。自分のペースに合わせて女性ランナーは6分30秒~6分、男性ランナーは5分~4分30秒。

f:id:es4794:20160830082605j:plain

 

今回の写真撮影も愛子マネージャーがスタンバイ。普段は撮る側のやっしーも今日は身軽です。そして愛子さんの写真って一瞬の表情を切り取ってくれて、その時の様子がよく伝わってきます。

f:id:es4794:20160830082556j:plain


仲間と走ると楽しいだけでなく、ちょっとライバル意識が顔を出したり、一人で走るよりオーバーペースで走れてしまう。川島も後ろから迫ってくる仲間から逃げ切りたくて入れ込みすぎました。

f:id:es4794:20160830082559j:plain



稲毛駅伝部は「楽しく走り・本気な仲間を応援し合う」大人の部活。

次の大会は9月26日・稲毛オータムハーフにエントリー。ハーフマラソンで距離が短いので1チーム3人編成で駆け抜けます。1年前はケガなく楽しく完走できれば◎でしたが全体的に走力が上がってきたこともあり、今は各自が+αを意識しているのが伺えます。

f:id:es4794:20160830082557j:plain



先月のゆる連であるライフセーバーの人に声を掛けられた。
「すごく雰囲気がいいですが、何のサークルですか?」

駅伝部はみんなチームの事を気にかけてくれる。
自分だけ楽しく走れればそれでいい。
という人はいない。

お互いチームのために何ができるかを考えてくれる。
だから一緒いて居心地がいい。

よく部員募集をバンバン行って
闇雲に人数を増やしにいく代表がいるが、私はNO。

人数が増えれば活動の選択肢は広がるかもしれない。
でも急激に人が増えると人間関係で必ずトラブルが起こる。
趣味の活動だから楽しくなければ意味がないし
面白くなければ人もやがて離れていくから。

だから駅伝部は紹介制。
大切な仲間が一緒に走りたい思った人を
駅伝部に繋いでくれる。

そんな想いがあるから
すぐチームに打ち解けられるのかもしれません。

2016年残り4ヵ月も
楽しく走り続けたいと思います。

この稲毛駅伝部で。

f:id:es4794:20160830082558j:plain

暑くても熱い稲毛駅伝部の夏!ゆる連レポート

合同練習

みなさんこんにちは。

 

自称イケメン・パインアメ整体師の西野です。今日は南国の地から稲毛駅伝部の皆さんと一緒にパインアメ・ステマレポートをお送りします。

f:id:es4794:20160808162835j:plain

 

もとい駅伝部の川島です。

 

毎日暑いですねぇ~。今年の猛暑は駅伝部員を苦しめております。散歩程度でも100m歩けばじんわり汗が出てくる陽気ですから、昼間に走ろうものなら搬送のおそれ大(マジで)。

 

朝や夜でも少し走れば汗だくになる中、Facebookの自主連ページには毎日誰かが滝汗(メチャメチャ汗かきました)投稿。駅伝部は暑い夏を熱く駆け抜けております。

 

7月最後の日曜日、駅伝部の合同練習「ゆる連」を行いました。

f:id:es4794:20160808162826j:plain

 

このゆる連も昨年7月から始めてちょうど1年経ちました。当時まだ手探り状態でしたが船橋ダート駅伝目指して定期的に練習しよう!的な軽いノリだったと思います。

ekiden.kawa4ma.asia

 

あれから1年。月1ペースで続けてきて「ゆる連」も少しずつ認知されてきました。今では部員だけでなく、ちょっと体を動かしに参加する人も毎回いらっしゃいます。

f:id:es4794:20160808162836j:plain

 

最近の練習メニューはこのような感じです。

○ 7:00集合

○ 談笑、自己紹介、告知

○ ストレッチ

○ ジョグ2km(ペース:6:30/km)

○ 休憩

○ ペーラン2km(ペース:自己申告)

○ ダウン、写真撮影、解散

○ 8:00解散

 

ペーランは前回のゆる連から始めました。

走力が各自違うのでゴールタイムが同じ位になるように、ペース順にスタートしていきます。

 

まず6:30/km組がスタート。

f:id:es4794:20160808162830j:plain

 

次は6:00/km

f:id:es4794:20160808162832j:plain

 

次、5:30/km

f:id:es4794:20160808162834j:plain

 

最後は5:00/km

f:id:es4794:20160808162827j:plain

 

想定ではゴールタイムは殆ど一緒のハズなのですが、みんな遅めに自己申告しているので(笑)後ろが追いつけなかったりします。

 

8時になると迫るような日差しで汗だくでしたが、特に怪我や事故も無く無事終了できました。

f:id:es4794:20160808162837j:plain

 

そして今回の写真は愛子マネージャーが撮影。アングルを変えてみんなの笑顔を沢山引き出しながらバシバシ撮ってくれました。こうした一人一人の支えがあって駅伝部は走り続けられると思っています。

f:id:es4794:20160808162825j:plain

 

私たち駅伝部のコンセプトは「楽しく体を動かすこと」そして「頑張る仲間を応援すること」。仕事もみんな違うけれど”楽しく体を動かすことが好き”という共通点で集まってワイワイ戯れています。またご近所同士で一緒に走ったり、有志で遠征やミニ自主連なども。

 

そして只今駅伝部のTシャツを鋭意製作中。次の大会は9月稲毛オータムハーフでは新調のTシャツを引っ提げ、史上最多20名で乗り込む予定です。

 

この夏も熱く駆け抜けていきます。この稲毛駅伝部で。

f:id:es4794:20160808162829j:plain

稲毛駅伝部のHPができました

広報

稲毛駅伝部のHPがちば○○部の中にUPされました。

山ちゃんどうもありがとう!

 

稲毛駅伝部 | ちば〇〇部 | ちば〇〇部

 

駅伝部の活動は、今までブログを書いてきました。ブログはストーリーやエネルギーを伝えるのは向いていますが、全体像を見せるのは苦手です。

 

そこでHPの出番。駅伝部の活動は大きく分けて3つ。

  • 自主連
  • ゆる連
  • 大会

これらがどんな関係で・どんな活動なのか。わかりやすくまとめられています。

 

駅伝部への入部は紹介制で一見さんはお断りしていますので、部員または川島へご連絡ください。

 

飲み会だけど、そこには見えない襷があった賀子さんお祝いパーティー

懇親会

稲毛駅伝部の創部メンバー
マネージャー賀子さんのお祝いパーティーを行いました。

f:id:es4794:20160629002628j:plain

 

創部2年目の稲毛駅伝部。

実は全体での飲み会はこれが2回目。1回目はデビュー戦の打上げ・現在のメンバーになってからは初めてです。

 

実はこの飲み会、極秘で賀子さんへのサプライズ企画が進行しておりました。賀子さんのばれないように水面下で準備を分担してくださったのはこの方。

f:id:es4794:20160629005103j:plain

 

駅伝部では自主連や大会ようすは、部員が各自FacebookにUPしてくれますが、賀子さんはいつも温かく見守ってくれました。さりげなくメンバーを気遣い、時にやさしく背中を押してくれる。そんな賀子さんの節目をお祝いしたいなーと。

 

そんなサプライズ企画を駅伝部へ投稿したら、アッという間に20人以上の人が手を上げてくださいました。

 

飲み会には参加できなくても、プレゼント企画は喜んで賛同してくれた人がたくさんいて。一人・また一人と増えるたびに、みんなの想いがどんどん大きくなっていく。この方はみんなから愛されているんだなー、と思いました。

f:id:es4794:20160629005107j:plain

 

熱中症・厳重警戒の炎天下でロードレースをきっちり完走し、合流してくれた方も。

f:id:es4794:20160629005110j:plain

 

駅伝部の第一期メンバーも。賀子さんの気配りに脱帽し、トドメの差し入れに感動した話で盛り上がり。

f:id:es4794:20160629005104j:plain

 

今年に入って一緒に加わった仲間も。

f:id:es4794:20160629005108j:plain

 

仕事で全国を飛び回る、超多忙のイケメン弁護士も。

f:id:es4794:20160629005105j:plain

 

今日はエプロンを脱いだイケメンソムリエも。

f:id:es4794:20160629130818j:plain

 

千葉に大きなうねりを巻き起こす敏腕プロデューサーも。

f:id:es4794:20160629130834j:plain

 

大和ヒロシ応援部から急いで駆けつけてくれた社長も。

f:id:es4794:20160629123221j:plain

 

たくさんの同士が集まってみんな笑っていた。

賀子さんがまるで襷になったように、みんなの気持ちを繋いでくれた。

f:id:es4794:20160629005109j:plain

 

駅伝をきっかけにこんなに素敵な仲間と繋がれて、川島も泣きだしそうでした。

f:id:es4794:20160629002629j:plain

 

今の駅伝部があるのは賀子さんのおかげ。
これからも温かく時に厳しく、私たちを見守ってくださいね。

f:id:es4794:20160629002631j:plain

初夏の稲毛海浜公園、大人の部活は今日も行く~ゆる連レポート

合同練習

稲毛駅伝部の川島です。

 

茂原駅伝を完走し2016年の前半戦を振り返りつつ、後半戦を妄想中ですが。

 

10月の船橋ダート駅伝の申込準備を、、、と思っていたら駅伝部のメンバーが

【悲報】

今年の船橋競馬場ダート駅伝は開催自体されないようです。。。

 

うがー、残念!(ノ∀`)

でも前向きなオトナの変態集団、稲毛駅伝部はただでは転びたくありません。ダート駅伝が開催されないことをネタに、新たな伝説作っちゃいますよー。でも悔しいので昨年のダート駅伝のブログを貼っておきます。

ekiden.kawa4ma.asia 

 

今日はゆる連でした。

 

梅雨の中休みで初夏の天気。場所は前回の天台スポーツセンターで懲りたので。ホームグラウンドの稲毛海浜公園に戻し、紫外線対策&給水必至のゆるラン。4月ジャパンサーキットの修羅場を思い出し、余韻に浸りながらスタート。

f:id:es4794:20160611204425j:plain

 

1周目は全員で、2kmを雑談しながらゆっくりと。2周目は走力ごとにスタートしてペーランを行いました。

 

走り終わって滝汗の中、有志の猛者達による上半身・裸祭りが開催されましたが、写真の掲載は控えさせていただきますw

 

f:id:es4794:20160611204426j:plain

 

一旦中締めして、仕事や所要のある人はここで解散。

 

おかわり組は海岸線へ。

自称イケメン整体師・西野センセご指導のもと砂浜でさらに追い込みましたー。

f:id:es4794:20160611205120j:plain

  

ランナーの皆さんをはじめ、今日シャッターを切り続けてくれた小川さん、参加できなかった人のFacebookでの応援、山中湖遠征からのお土産などなど

 

いろんな形で駅伝部に気持ちを寄せてくれることがとても嬉しいです。皆さん本当にいつもありがとうございます。

 

暑い中、お疲れさまでした!

f:id:es4794:20160611204424j:plain

駅伝の魔物降臨で自己ベスト連発!~茂原(緑ヶ丘)駅伝レポート

大会・公式戦

稲毛駅伝部・2016年前半戦最後のレース。

 

茂原緑ヶ丘駅伝に参加しました。会場はJR外房線・茂原駅からバスで20分ほどの茂原市緑ヶ丘小学校。電車の本数も少なめなので車&相乗りで現地入りすることに。

 

自分から車を出すといい、集合場所と時間を決めておきながら、、、ガッツリ朝寝坊した川島です。この失敗はレースで返そうと誓った梅雨っぽい朝。30分遅れで川島号が出発。

f:id:es4794:20160605222236j:plain

 

一方、冨田号は集合時間より早めの現地入り。ゆったり朝食を摂りながらレースへの準備は万全です(さすがー)。

f:id:es4794:20160605222232j:plain

 

最高気温21℃、無風、10:00のスタートが近付くにつれて雨は小降りから徐々に本降りへ。閑静な住宅街に、魔物が棲む予感がビシビシ伝わってきます。

f:id:es4794:20160606135147j:plain

 

そんな中、仕事で全国を駆け巡っているメンバーが差し入れを♪

最近のキャッチコピー『毎日がエブリディ』の安保さん。このまま全国でファンを増やしながら国政へ出馬するかどうかは本人へ聞いてください。あざまーす。

f:id:es4794:20160606010531j:plain

 

山中湖合宿のメンバーや、マネージャー賀子さんからのお土産も合流して、エイドステーションも充実、皆さんありがとうございます♪

f:id:es4794:20160605222222j:plain

 

レースは1周3kmの周回コースを14周(42.195km)。前回のジャパンサーキットの反省を踏まえて、連続周回はなくして休憩をはさみながら8人のランナーが挑みます。スタートはクロッサー・おっくん。

f:id:es4794:20160606010622j:plain

 

クロッサーとは、どんな状況でもクロックスを自在に使いこなし、こよなく愛し履き続ける人にだけ与えられる称号であります。今日もバツグンの安定感でスタートから流れを作ってくれました。襷は自主連の鬼・和くんへ

f:id:es4794:20160605222246j:plain

 

稲毛駅伝部には自主連用のFacebookページがあって、練習のようすを共有していますが、かずくんは出勤前にほぼ毎朝コツコツ走る努力家。和くんの投稿を見て練習のスイッチが入る部員もいて自主連を引っ張ってくれています。寝坊して遅刻している場合じゃありません。

f:id:es4794:20160606012619j:plain

 

徐々に雨も上がり、新井さんへ。

f:id:es4794:20160606013438j:plain

つい一週間前にハーフマラソンを初完走。今では月間170kmを走り切る脚を手に入れて「ペーランで長距離」も「スピードを上げて短距離も」使い分けるランナーに。序盤から中盤へいい流れを作ってくれましたー。

 

次は久しぶりに大会へ帰ってきてくれた山ちゃんへ。

f:id:es4794:20160606014654j:plain

 

基地に戻ると襷リレー直後にプロテイン摂取する女性が。どんだけ前向きですかー(ノ∀`)。師匠の教えを充実に守って、あくなき成長へ挑む姿がマジ凄い。

f:id:es4794:20160606015818j:plain

 

山ちゃんは前日ライブで4曲。本当はお酒を飲みながら愉しみたい所を、今日の駅伝のためにノンアルで調整してくれました。岡崎さんを想わせるような上下動が少ない安定したフォーム。稲毛シャルソンTシャツは遠くからでもよく目立つので、シャッターチャンスを逃しません。あ、駅伝部のTシャツ作るの忘れてたー。

f:id:es4794:20160606020623j:plain

 

そして襷は新メンバー野口さんへ。

今の目標は月間200kmだそうで(驚)。箱根駅伝が210kmなので、大手町から箱根を往復できる距離を一人で挑むメンタルってどんだけですか?!ランナーは基本的に意識が前向きな人が多く、こうしたランナーが集まるから駅伝は面白いんです。

f:id:es4794:20160606021152j:plain

 

そしてエース冨田さん、いよいよ茂原で風になる時がきました。

f:id:es4794:20160606022214j:plain

 

距離もスピードも次元が違う。とにかくよく走る。もう走ることがまるで呼吸するようにDNAに組み込まれているんです(多分)。「ヨシ走るか」で走るというより、まるで朝起きたら顔を洗うように、気付いたら走ってる(多分)。そのくらい練習を重ねているからこれだけの力が出せるんだと思います。

f:id:es4794:20160606023619j:plain

 

あ、川島も1周3km全力で行かせて頂きました。実は今日の参加メンバーが揃った時点で完走を確信。なので今日はレスキュー要員として万一の時に備えました。

f:id:es4794:20160606024959j:plain

 

今日のアンカーは冨田さん。早すぎてシャッターチャンスが難しいとカメラマン泣かせのスピードは最後まで圧巻。

f:id:es4794:20160606025442j:plain

 

記録は3時間16分49秒。参加42チーム中20位。チームとして記録や着順は狙っていませんが、全体の走力が上がってきたことを実感した大会になりました。

 

が、これからも駅伝部のコンセプトは『ケガなく・楽しく・完走』でありたい。仕事や生活もあるので、ケガを押して無理して走ってほしくはないし、好タイムで完走しても楽しくなければ、駅伝の意味はないと思っています。

f:id:es4794:20160606030256j:plain

 

駅伝は、襷が気持ちを繋いでくれる。

 

例えば、今年から駅伝部で走り始めた新井さんは5ヶ月後に山中湖でハーフを完走し、今では月170km走るランナーへと進化しました。そんな頑張りをみんな知っているから応援も力が入る。

 

「あれだけ練習したから大丈夫」「楽しく自分のペースで」「(新井さんも頑張いるから)自分も出し切ろう」。襷を通して気持ちが伝わっていく。そんな仲間の気持ちを感じるから、もう一歩が踏み出せるんだと思います。

f:id:es4794:20160606014127j:plain

※矢彦沢さんGJ!

 

『一人で走るのもいいけれど、みんなで走ればもっと楽しい』

 

ただ集まれば楽しく走れるわけではない。部員やマネージャーが、現地やSNSで応援してくれる皆さんが、駅伝部に関わってくれる一人一人がお互いのことを気遣い合うから楽しく走れると思うのです。

 

襷からまた、大切なことを教えてもらえました。

 

みんなお疲れさまでした。

f:id:es4794:20160606025929j:plain

 

 

※矢彦沢さん、今日もステキ写真をありがとうございました♪

f:id:es4794:20160605222240j:plain

ミニ駅伝で胴上げ?ゴールアーチ?~大人の青春物語:ゆる連レポート

合同練習

稲毛駅伝部の川島です。

f:id:es4794:20160514154519j:plain

 

今回はホームグラウンド(稲毛海浜公園)を離れ、稲毛の天台スポーツセンターでゆる連を行いました。今まで稲毛駅伝部が参加した大会・練習会はすべて稲毛海浜公園でしたので、今回は試みの意味で場所を変更してみました。

 

今日は高校総体行われるようで、千葉県内の高校から陸上部がワサワサ集結しており競技場やランニングコースは混雑気味。集合場所もわかり辛かったので次回は海浜公園に戻そうと思います。

 

安全に走るために、人が少なめの野球場へ移動しながらウォーミングアップです。

f:id:es4794:20160514154516j:plain

 

今日は12名が集まりました。

  • 常連参加で皆を引っ張ってくれる人
  • お久しぶりの人
  • 紹介で初参加してくれた人
  • 幸せ太りして痩せたい人
  • 集合場所を間違えて稲毛海浜公園から愛車で合流してくれた人

 

今回は人数と走力のバランスが良かったので3チームに分けてミニ駅伝。野球場の外周は約600m。一人2周を目安にチームで8周してきました。順位を競わずタイムも自由計測でしたが、みんなスイッチON!

f:id:es4794:20160514213825j:plain

f:id:es4794:20160514213824j:plain

 

トップのアンカーを走ってくれた今日初参加の荒川さん、胴上げでお祝いです。アスファルトの上なので慎重にネ。

f:id:es4794:20160514154515j:plain

 

熊本のチャリティマラソンから返ってきた冨田さん。今回も剛脚は健在!

f:id:es4794:20160514154517j:plain

 

アンカーの野口さんには、男子全員が汗と匂い漂うゴールアーチでお出迎えです。※竹薮さん撮影あざまーす。

f:id:es4794:20160514154518j:plain

  

駅伝部はただ走るだけのサークルではありません。みんなでワイワイ走る楽しさや、まるで運動会のリレー選手になったようなワクワクがやめられないのかもしれません。

 

今日来れなかった人も自主連で盛り上げてくれたり、頑張っている人をみんなが自然に応援してくれる。胴上げやゴールアーチは、みんなの気持ちが表れたような感じがして、駅伝部ってホント素敵な仲間が集まっているなー、と思います。

 

感度バツグンの大人が集う稲毛駅伝部に、青春の1ページがまた増えました。

 

みなさん、お疲れさまでした!

f:id:es4794:20160514154513j:plain

そして伝説へ『ジャパンサーキット・千葉大会』~最終章

大会・公式戦

 

  

レースは終盤アンカーへ。

 

Aチームアンカーは新井さん。4ヵ月前に走り始めてからあっという間にランナーへ急成長。自主連で駅伝部を引っ張ってくれているので、アンカーは新井さんと決めていました。

f:id:es4794:20160421024502j:plain

 

Bチームは野口さん。「シャワーランは初めてですー」って言ってましたけど、この天候できっちり走り切るあたり、相当練習されているとお見受けします。

f:id:es4794:20160419234620j:plain

 

Aチームのアンカーは真打ち柴田さん。襷のトラブルも冨田さんやメンバー全員で巻き返しました。こういうチームプレーも駅伝の醍醐味です。

f:id:es4794:20160419234542j:plain

 

激走を振り返りながらみんなで全員集合。

f:id:es4794:20160419234543j:plain

 

風速30メートルの突風

砂嵐

海岸線でスプラッシュ

 

こんな天気に駅伝なんてフツーじゃない

朝の時点で何人かキャンセルが出ても仕方ないと思ってた。

 

どれだけの荒天だったのかは、マネージャー愛子さんがずっとチームを見守ってくれ、ラップを刻み続けてくれたこのメンバー表を見てください。

f:id:es4794:20160421023646j:plain

 

駅伝ってすごいな。

これだけの大人が夢中に走り

応援しあい笑いあえるんだから。

 

襷のおかげでまるでオーケストラのように

一つの物語が完成する。

 

稲毛駅伝部はもうすぐ1年。

自主連・ゆる連・大会を続けてきて

たくさんの人が繋がった。

 

駅伝がきっかけで走り始めたり

ご近所同士で一緒に自主連したりと

駅伝部をきっかけに

楽しく走る人が増えることが何より嬉しいのです。

 

これからも走り続けていきます。

この稲毛駅伝部で。

f:id:es4794:20160419234601j:plain

 

 

p.s

やっぴーさん、写真ありがとうございました。ランや襷リレーの写真がなかったので、これで勘弁してくださいー。

f:id:es4794:20160419234550j:plain

まるで季節外れの台風が直撃『ジャパンサーキット・千葉大会』~第二章

大会・公式戦

集合からウォームアップまではこちら

ekiden.kawa4ma.asia

 

いよいよスタートです。今回は荒天予報でキャンセルが出たチームもあったようで出走は約25チーム。

  

今年度からチバラボの指定管理で施設長を務め、今千葉でグイグイきてる福岡総監督からも激励が。「ハイ、みなさん今日はちゃんと生きて帰ってきてくださーい!(嘘」

f:id:es4794:20160420000136j:plain

 

SHITSURAIオーナーの坂本さんも。忙しすぎて練習する時間はほとんどなくぶっつけ本番、、、さてレースはいかに。

f:id:es4794:20160419234551j:plain

 

風も強くなってきてフードが手放せません。そして「稲毛ほっかむり部」が誕生。

f:id:es4794:20160421042335j:plain

 

 

9:50スタート。

A:武村さん、B:奥谷さん、C:和くんです。まだ曇っていますが風は強め。

f:id:es4794:20160419234613j:plain

 

前回は1走の岡崎さんがまさかの痙攣(けいれん)で離脱。リベンジに燃えています。このことは駅伝部のランナーは知ってるし、みんな念入りにウォームアップしたので問題なさそう。

 

トラブルは何もないな、うん

 

・・・

・・・

 

遠くの方から本部のアナウンスが

 

タスキを落とされたがチームがいまーす

ゼッケン***番、ゼッケン***番のチーム~

 

ん?

聞き覚えのある番号。

 

すると岡崎さんが基地に飛び込んできて

 

「竹薮さんがタスキ落としましたー!(ノ∀`)」

 

本人も気づいたら無かったそうです(大汗)。そりゃあー焦りますよ。竹薮さんは前回アンカーを走っていますから、タスキの重さは人一倍実感していたと思います。

 

そんな竹薮さんを攻めるランナーは誰も居ませんでした。むしろ遅れた分を取り戻そうと結束。こういうところが稲毛駅伝部のインナーマッスル。みんなサイコーです。

 

タスキは後続のランナーが拾って本部に届けてくれたようです。さすが稲毛駅伝部もってます!

 

 

岡崎キャプテン、安保キャプテンもスタート。

f:id:es4794:20160419234554j:plain

 

今日は風との戦い、午前中の時点で風速15m。キャプテン二人もこの風には苦戦したようですが、きっちりまとめてくるあたりは流石です。

f:id:es4794:20160419234559j:plain

 

和くん→新井さん。

稲毛駅伝部にはFacebookで自主連をシェアするイベントページがありますが、この二人はバシバシUP。練習でもみんなを引っ張ってくれました。新井さんも一週間前にソロで10kmレースをデビュー。ボルダリング部を立上げながら駅伝部にもガツガツ参加してくれて盛り上げてくれます。

f:id:es4794:20160419234619j:plain

 

奥谷さん→福岡さん

奥谷さんは主催するイベントが午後にあるため部分参加でしたが、おニューのサンダルで軽快にキッチリまとめて頂きました。福岡さんも多忙で体調が万全ではありませんでしたが気持ちでおかわり。二人ともメンタルの強さハンパない。さすがプロ。

f:id:es4794:20160419234547j:plain

 

川島→石井さん

Cチームはタスキリレーを少なくしたので川島は合計7周14.7km。爆風でケッコーきつかったですが「他のチームはどの辺かなー」とか「あと◎分くらい貯金作りたいなー」とか、色々考えていたらアッという間に中継所へ。タスキの力恐るべし。

f:id:es4794:20160420000135j:plain

 

石井さんは合計5周10km。今回も矢彦沢さんと分担しながらバシバシ写真を取ってくれました。石井さんの写真ってみんな自然な笑顔でいー感じなんですよねー。すごいなー

 

ほら、こんな感じとか

f:id:es4794:20160420000131j:plain

 

こんな感じで

f:id:es4794:20160421002352j:plain

  

 

坂本さんもがんばりました。

3月から4月はメチャメチャ忙しい中で怪我もあり、ほとんど練習できなかったようですが気持ちで「もう1周いきます!」ってマジすごいわ。

f:id:es4794:20160420000139j:plain

 

そしてスペシャルなゲストランナーも加わりました。

 

一人目は前回のゆる連から部員に加わった野口さん。自主連で月100kmをコンスタントにこなすランナーです。野口さんとは、稲毛駅前で骨盤整体&ボディケアを行うドバーズ・ランプの秋葉さんからご紹介して頂きました。こうした人の繋がりからうまれる縁の広がりは、人生メチャメチャ楽しくなるんですよね。

f:id:es4794:20160419234607j:plain

 

二人目は冨田さん。今日は会場までの往路10km→レース4km→終わって復路10kmという、理解不能な脚力とメンタルをお持ちのガチランナー。10km走ってきてレースで1km4分でまとめるってどんだけ!?いー物見せて頂きました。(でもゆる連もイケる口です)

f:id:es4794:20160420000138j:plain

 

午後になると風がさらに強まり、砂が飛んできて立ってるのがやっと。まるで台風のよう。

f:id:es4794:20160421010000j:plain

  

そんな中マネージャーの愛子さんはずーっとチームを見守ってくれました。襷待ちの石井さんとエア襷リレー。みんなが周回順を気にせずレースに集中できるのも愛子さんのおかげです。

f:id:es4794:20160421014854j:plain

 

突風は海岸から砂塵を連れて肌に突き刺さり、風上に向かって目は開けられないほど。耳の中は砂だらけ・メガネは埃で視界不良・シューズの中も砂だらけです。いつ荒天で中止になってもおかしくなたった。

f:id:es4794:20160421042548j:plain

 

そんな中いよいよフィナーレ。

最終章へ続く。