稲毛駅伝部

みんなで繋げば・楽しく繋がる ~ マラソンや陸上初心者の方でも参加できる駅伝サークル in 千葉市

稲毛駅伝部秋の陣!フクダ電子アリーナでリレーマラソン~千葉マラソンフェスタ

フクダ電子アリーナ(フクアリ)といえば、ジェフユナイテッド市原千葉のホームグラウンド。

 

サッカー場でマラソン大会?!

 

本当ですハイ。

f:id:es4794:20171001204847j:plain

 

が、芝生の中は立入禁止。ピッチの外周と隣接の公園を走る1周3km×14周のリレーマラソンです。

f:id:es4794:20171001205321j:plain

 

リレーマラソンのスタートは10:20。時差で親子マラソンや30kmレースなどもあって、大会は和気あいあいの雰囲気。

f:id:es4794:20171001205859j:plain

 

朝は曇っていましたが、スタートが近づくにつれて日差しが強くなって半袖がちょうどいい感じ。ストレッチをしているだけでじんわり汗が出てきます。

f:id:es4794:20171001205512j:plain

 

今回、私が仕事の都合で途中離脱することになったため初めて1走を担当。仕事へのダメージを考慮していただき1周3キロ。でもアクセル全開で走ったので結果は変わらなかったという(遠目

f:id:es4794:20171001210447j:plain

 

全国を飛び回る清水センセも久しぶりに参戦。激務の中でも那覇マラソンにも挑戦するストイックぶり。今日も午後から仕事だったようですがリレーマラソンはこうした部分参加でも楽しめます。

f:id:es4794:20171001210642j:plain

 

普段は山脈という名の傾斜に挑み続ける山男、小椋さんも。平地は逆に走りづらいです、って一度は言ってみたーい!

f:id:es4794:20171001211006j:plain

 

部員のご紹介で初参加のマキコさんはトライアスロンをこなすアスリート。シャープで引き締まったボディに装備も上から下までカッコいい。ダート駅伝も参加してもらえる予定なのでとても心強い!

f:id:es4794:20171001211610j:plain

 

そして、私が安心して離脱できたのは安保さんが引き継いでもらえたおかげ。キッチリ全体を俯瞰しながらさりげない気配りもあって頼もしい限りです。ありがとうございました。

f:id:es4794:20171001211625j:plain

 

トレイルランをバシバシこなすタフなメンタルを持つ美穂さん。次週も30kmレースに出場するとか。そんな美穂さんから駅伝部の広報&営業部長の恵子さんへ。

f:id:es4794:20171001211640j:plain

 

レースや襷リレーの様子はみなさんが、刻々とフェイスブックにアップして頂いたので、まるでその場に一緒にいるようでした。

 

襷にチップが入っていたのでラップタイムも出ていますが、稲毛駅伝部はタイムや順位より「楽しめたか」を一番大切にしています。ケガや病気などがなかったかなーと想っていたら、、、

f:id:es4794:20171001211744j:plain

 

この写真を見て安心しました(笑)

f:id:es4794:20171001211655j:plain

 

次の大会は11月11日・船橋ダート駅伝です。http://keiba-run88.com/

 

サラブレッドが走る本番場を、襷で繋ぐハーフマラソン。激闘必至ですがみんなワイワイ楽しく走り抜けようと思います。

 

駅伝部への入部は紹介制です。参加にご興味のある方は駅伝部員の誰かにお声がけ頂くか、オープンイベント(ゆる連)へご参加をお願いします。次回は10月8日(日) 稲毛海浜公園です。

www.facebook.com

ゲストランナーも多数参加!7月ゆる練レポート

6月の茂原駅伝から気づけば梅雨明け。

 

連日暑い日が続いていますが、今日は曇り空の稲毛海浜公園でゆる練(ゆるーい合同練習)を行いました。

 

今回はゲストランナーの方も多数参加。目的はいろいろで運動不足の解消や、以前からネットで注目してくださっていた方なども。

 

自己紹介から始まり個々のペースでワイワイ楽しく走ってきました。

 

今後の大会は9月30日:千葉マラソンフェスタ(フクダ電子アリーナ)、11月11日:船橋ダート駅伝(船橋競馬場)です。

 

大会への参加は部員の紹介制とさせていただいてますので、ご興味のある方は駅伝部のランナーと繋がってくださいね。誰もいなければ川島までお問い合わせください。

f:id:es4794:20170730113924j:plain

駅伝の真髄ここあり!中学生からウォーリーまで全員参加で完走~茂原緑ヶ丘駅伝

6月4日・晴れ。

 

千葉ではレッドブルエアレースで盛り上がっていますが、稲毛駅伝部は茂原緑ヶ丘駅伝に参加してきました。

 

前回大会の様子はこちら。

ekiden.kawa4ma.asia

 

前回大会から加わってくれためぐさんも参加。朝からキラキラアプリでテンションアゲアゲできますよ。

f:id:es4794:20170604162641j:plain

 

あと念願の駅伝部でセルフタイマーとか!(ばらばらww)

f:id:es4794:20170604162637j:plain

 

今回は、駅伝部のエーストミーが急きょ転勤で欠場というハプニングに見舞われましたが、代役は安保さんご紹介で「長生美佐子台ボーイズ」の野球少年に助けていただきました。

 

長生美佐子台ボーイズは市原地区・長生地区を中心に活動されている中学野球チーム。いやー彼も速い速い。野球をしているだけあって足腰の安定感は抜群ですね。興味のある方はホームページをぜひチェック!

www.netto.jp

 

レースは1周3kmを14周(フルマラソン)。一人1周以上であれば、チーム内での分担は自由です。

 

1走は美佐子台ボーイズ!

練習の都合でスタートの1周だけでしたが、いい流れを作ってくれました。また待ってるよー。

f:id:es4794:20170604170749j:plain

 

2走は山男・小椋さん。

都合で午前中だけの参加でしたが、きっちり3周(9キロ)をまとめてくれました。しかし、山で鍛えた健脚を持つ小椋さんでもかなりの消耗状態に。後続のメンバーに不安がよぎりましたが、、、

f:id:es4794:20170604162925j:plain

 

3走のけーこさんで吹き飛ばしてくれました。

今回は大会前にきっちり調整をして走り込んできただけあって、休憩挟んで2周(6キロ)を余裕の走り。

f:id:es4794:20170604162903j:plain

 

4走は川島。

駅伝はこんな感じで襷が届くまるで大人の運動会。もーテンションあがりまくり!

f:id:es4794:20170604164534j:plain

 

3周(9キロ)。時間が正午前後だったので予想以上に厳しかったですが、次に待つランナーを想いながら走れるのが駅伝の楽しいところ!

f:id:es4794:20170604162921j:plain

 

5走は安保さん。

大会前にレースを意識してきっちり調整。今回は自身がコーチで関わっている野球チームのPRも込めて。写真が上手くとれなかったのでURL貼っておきますね。

http://www.netto.jp/misakodai/

f:id:es4794:20170604162907j:plain

 

そしてアンカーはウォーリーを探せ めぐさん。

f:id:es4794:20170604162900j:plain

 

めぐさんは、前回大会のゴチランから駅伝部に参加。

 

今日も中盤で走っていて本当は1周で終わることもできました、、、が。見事にラストをまとめて頂きました。自称お豆腐メンタルって言ってますが、だとしたら1周限度の状態で2周目は走れないと思います。こんな素適な仲間と一緒に走れるのも、駅伝の楽しいところ。

f:id:es4794:20170604162914j:plain

 

最高気温26℃と暑い一日でしたが無事完走。

 

次回大会は秋、夏は駅伝はオフシーズンになるので、面白いイベントでワイワイ楽しみたいなー。

f:id:es4794:20170604162910j:plain

B級グルメいいとこ取り!ランとご馳走を両方堪能できる駅伝大会~ごちランレポート

『ごちラン』って知ってますか?

 

全国のご当地B級グルメをいただきながらリレーマラソンも楽しめる、2大テーマを組み合わせたマラソンイベント。それが「全国ご当地ごちそうマラソン(ごちラン)」です。

http://gochirun.com/how/

  

今日は快晴・無風で絶好のマラソン日和。私たち稲毛駅伝部のホームグラウンド稲毛海浜公園を全員で駆け抜けてきました。

f:id:es4794:20170219202317j:plain

 

集合は10:30。

ひろーい芝生広場に着くとどこからともなくいい匂いが、、、。

f:id:es4794:20170219203755j:plain

 

大会にエントリーすると選手のゼッケンにゴチ券が2枚ついてきて、ご当地B級グルメと交換できるしくみです。※注:写真はゴール後

f:id:es4794:20170219204350j:plain

富士宮焼きそば?

勝浦タンタンメン?

焼き小籠包?

にく巻きおにぎり?

台湾ソーセージ?

 

出走前に食べてしまうとさすがにコンディションを崩してしまうので、走り終わるまでがまん。初対面の人・お久しぶりの人もいてスタート12:00までの間はウォームアップしながら終始リラックスムードです。

 

脇では小川カメラマン主催のポートレート撮影会が。毎日多忙の小川さんですが、立ち寄って写真を撮ってくれました。

f:id:es4794:20170219204753j:plain

「はーい目線こっちでお願いしまーす♪」

「次はストレッチしてる感じいってみましょうか~」

「いいですねー、はいオッケー♪」

みんなノリノリで撮って頂きました。

 

エイドも充実。

f:id:es4794:20170219204937j:plain

今回参加できなかった新井さんの差し入れや、柴田さんのオリジナルチョコ(もちろん酒入り♪)などもあって超充実。私から「できれば差し入れてください」などと言わなくても、できる人ができる範囲でチームに力を貸してくれる。こういう所が稲毛駅伝部の心地いいところなんです。

 

ということで出走前に集合写真。

f:id:es4794:20170219205804j:plain

 

1周2キロを21周。Aチームは7人・Bチーム6人で襷を繋いでいきます。

 

そしてここからの写真は石井さんが引き継ぎ。いつも昼夜予定でビッシリなのに昨夜は21時就寝で今日は2時起き。私が寝るとき石井さんの「おはよう」投稿がタイムラインで流れてきて爆笑したのはココだけの話。今日もキレッキレです。

f:id:es4794:20170219210050j:plain

 

リレーマラソンは周回数を自由に決められるため、走力に不安のある人からベテランまで一緒に楽しめるのがいいところ。

 

Aチームはキャプテン小椋さん。

f:id:es4794:20170219212441j:plain

f:id:es4794:20170219212529j:plain

f:id:es4794:20170219212542j:plain

f:id:es4794:20170219212549j:plain

f:id:es4794:20170219212641j:plain

f:id:es4794:20170219212653j:plain

 

Bチームは安保キャプテン

f:id:es4794:20170219213038j:plain

f:id:es4794:20170219212849j:plain

f:id:es4794:20170219212841j:plain

 

そして駅伝初挑戦の人も!

年末に駅伝部へお誘いし、ラン未経験ですができる範囲で準備して参加してくれました。1周で終わりかな、、、と思いましたが「もう1周やってみます?」と聞いたら「走ります!」って。自分がどこまでやれるかわからないのに、やってみる姿勢ってとても素敵だと思いました。

f:id:es4794:20170219211350j:plain

 

メンバーのお子さんも思い出作りに参加。小6&小4ですが1キロ3分台の俊足。大人と違ってアッという間に戻ってくるのでみんなビックリ。将来が楽しみです。

f:id:es4794:20170219211602j:plain

 

そしてスペシャルゲスト(お一人目)。

今年はマイシューズを持参しての登場。やはりソムリエのコスプレランナーは卯田さんだけ!

f:id:es4794:20170219214223j:plain

 

そしてスペシャルゲスト(2人目)

2月21日~26日にギャラリー稲毛で行われる写真展の準備もあって、寒い長野から駆けつけてくれました。写真展の詳細はこちらで(http://business4.plala.or.jp/g-inage/exhibition/rental.html)

f:id:es4794:20170219215458j:plain

 

 

駅伝をみんなで走ってます、というとよく言われるんです。

「へー、寒い中よく走れますね」

「ずっと走ってて苦しくないんですか?」

 

みんなそれぞれ仕事で忙しいし

時間がなくて練習できない時もある。

走り出したら体が重かったり

途中で苦しくて

走るのをやめたくなるときもある。

 

でもね

こうして走れることって

実は凄いことだと思うんです。

 

いい天気の下で

大会を準備してくれる人達がいて

走れる体があって

仲間がいて

大人同士バカみたいに笑い合える。

これだけで奇跡だと思う。

 

一人42.195kmは走れなくても

みんなと一緒なら辿りつける。

それが駅伝。 

f:id:es4794:20170219220420j:plain

 

そして

苦しい先にはこんな笑顔が待ってる。

自分の頑張りもあるけれど

仲間が一緒にがんばったらゴールで来たって

思えるのが駅伝なんです。

f:id:es4794:20170219215957j:plain

 

結果はAチーム・Bチームほぼ同着。

タイムは3時間31分もうすぐサブ3.5。

 

回を重ねるごとにタイムが速くなっていますが

私たちは「楽しく走る」ことにこだわりたい。

そして「頑張る仲間を応援する」こと。

 

選手同士もそうだけど

駅伝部に関わってくださる人達からも

心から応援してもらえるように

これからも楽しく走り続けたいと思います。

 

この稲毛駅伝部で。

f:id:es4794:20170219220005j:plain

 

p.s

欠席者みなさんからのご厚意で、ごち券はみんなで分け合ってご馳走になりました。ありがとうございました♪

f:id:es4794:20170219220537j:plain

 

赤軍団2016年の最終戦は稲毛大駅伝へ~アスリートからスーツ姿のクロッサーまでワイワイ走ってきました

稲毛駅伝部の川島です。

 

快晴&無風でサイコーの天気に恵まれた駅伝大会のレポート。どうです?!富士山ですよ富士山! ※photo:気ままな猫好きカメラマン・矢彦沢氏

f:id:es4794:20161216173529j:plain

 

今回のコースは園内1周4.2キロを10周。もし徒歩で歩いたら、大人の足で40分くらいかかるでしょうか。

f:id:es4794:20161216173505j:plain

 

ちなみに昨年の同じ大会は、15人2チームでした。今回は全体的に走力が上がっているので15人3チームでワイワイ完走を目指します。

f:id:es4794:20161216173500j:plain

 

当日は9:00スタートでしたが、リレーゾーンになるべく近い場所を確保すべく、場所取り組は7:00に現地入りしました。※恵子さん・おっくん、ありがとーって夜勤明けのまま参戦です。(@_@)

f:id:es4794:20161216173520j:plain

 

集合は7:45でしたが、駅伝部はみんな時間をきちんと守って集まってくれます。遅れる人は事前にフェイスブックなどで連絡があり、糸の切れた風船のような人はいません。当たり前のようなことですが、社会人でもできない人いますからねー。

f:id:es4794:20161216173512j:plain

 

差し入れもぞくぞくと。走った後はアルカリ性たっぷりの黒糖がご馳走です。賀子さんありがとー♪。※充実したエイドの写真は撮り忘れ

f:id:es4794:20161216173524j:plain

 

久しぶりに会う人や、近況のアップデートなどワイワイしてたらスタートまでアッという間。Aチーム:キャプテン新井さん

f:id:es4794:20161216173459j:plain

 

Bチーム:キャプテン佐藤さん

f:id:es4794:20161216173540j:plain

 

Cチーム:キャプテン竹薮さん

f:id:es4794:20161216173519j:plain

 

アゲアゲでいきますよ!

f:id:es4794:20161216173521j:plain

 

ほどけにくい紐の縛り方を伝授。素直なカズくんは早速実践。

f:id:es4794:20161216173457j:plain

  

スタート後の戦況は、竹薮カントクキャプテンが見守る、、、はずでしたが?!その後は、、、(以下略)

f:id:es4794:20161216173458j:plain

 

スタートダッシュを決めたのは、駅伝部のエーストミー。後ろからアスリート並みのメンタルを持つ荒川くんも続くよ。

f:id:es4794:20161216180702j:plain

 

今回は専属カメラマンが不在だったので、みんなのスマホで撮りまくろうということに。だからこのブログの写真も、赤軍団それぞれが思いのままに撮ってくれました。こういうのもいいね。

f:id:es4794:20161216173506j:plain

f:id:es4794:20161216173501j:plain

f:id:es4794:20161216173508j:plain

f:id:es4794:20161216173509j:plain

f:id:es4794:20161216173511j:plain

f:id:es4794:20161216173531j:plain

f:id:es4794:20161216173516j:plain

f:id:es4794:20161216173517j:plain

 

襷リレーもバッチリ撮ってくれた人がいました。進化をし続けるクロッサーおっくんは、夜勤明けでスーツのまま参戦。ガチコスプレです。

f:id:es4794:20161216173518j:plain

f:id:es4794:20161216173534j:plain

f:id:es4794:20161216173537j:plain

 

f:id:es4794:20161216173541j:plain

f:id:es4794:20161216173528j:plain

f:id:es4794:20161216173527j:plain

f:id:es4794:20161216173542j:plain

f:id:es4794:20161216173543j:plain

 

そして我が駅伝部の給酒スポット、卯田さんも配達前に応援に駆けつけてくれました。

f:id:es4794:20161216173544j:plain

 

1周4.2kmですが、アドレナリン出まくりの状態で走るから、みんないつもよりオーバーペース気味になります。でも襷を待つ仲間がいるから、練習とは違った気持ちが背中を押してくれるのかも知れません。

f:id:es4794:20161216173530j:plain

f:id:es4794:20161216173525j:plain

f:id:es4794:20161216173526j:plain

 

そして完走でフィニッシュ♪

f:id:es4794:20161216173535j:plain

f:id:es4794:20161216173538j:plainf:id:es4794:20161216173510j:plain

 

タイムは3時間20分~3時間30分。タイムは狙っていませんが走力が格段にレベルアップしたのは、みんな自分のペースで少しずつ練習しているからかなー。

 

あとハーフやフルに挑戦する人も出てきて、チーム全体が少しずつ筋肉質になってきているような感じがして来年もワクワクしました。今年のハイライトは別の記事でまとめますが、今回も大きなけがなく無事に完走できました。

 

やっぱりみんなで走ると楽しい。

 

襷が気持ちを繋いでくれる。受け取った仲間がさらに気持ちを込めて走り抜く。一生懸命走るから応援にも力が入る。そんなみんなと一緒の時間を過ごせることがメチャメチャ楽しいのです。

  

私たちのコンセプトである「楽しく走り、頑張る仲間を応援する」こと。2016年も新しい仲間が増えましたが、軸がぶれることなく楽しく走ることができました。

 

ランナーもマネージャーも、駅伝部を支えてくれるメンターの方々も。一人ひとりが駅伝部を気にかけてくれる。

 

愛子さん送別会の時にも想いましたが、みんなのために、みんなが無理のないできる範囲で惜しみなく協力してくれるのが駅伝部のいいところ。

 

そろそろ来年の足音が聞こえていますが、来年もタイムや順位を狙うのではなく、楽しく走ることにこだわりたい。もし表彰台に上がれたとしても、ランナーや応援してくる人達が楽しくなければ意味がないし、ここまで続けてこれなかったと思うから。

 

だから来年もみんなと楽しく走りたいと思います。

 

この稲毛駅伝部で。

f:id:es4794:20161216173548j:plain

愛子さんありがとう。赤い魂を胸にこれからも走り続けます

稲毛駅伝部の川島です。

10月も目前の稲毛海浜公園でハーフリレーに参加しました。ランナー16名・サポート(マネージャー・カメラ)3名。

f:id:es4794:20160926233846j:plain

 

今年4回目の大会は「ハーフ駅伝」1周3km×7周の襷リレーです。全体的に走力が上がってきたので1チーム3人編成で挑んできました。号砲を待つ5本の襷たちに待ち受けるドラマはいかに。

f:id:es4794:20160926234225j:plain

 

シャッターチャンスを虎視眈々と狙ってくれたのはマネージャー復帰してくれたがこさん。待ってたよー♪ 

f:id:es4794:20160926233844j:plain

  

夏の練習を乗り越えて、走力が一回り大きくなった人も、夏の飲み会を乗り越えて、お腹が一回り大きくなった人も、レース後の打上げが楽しみな人も。みんな出し切ってきました。

 

さらに今大会は、マネージャーの愛子さんの送別会も兼ねていました。引越しして千葉を離れる愛子さんと一緒に参加する大会もこれが最後。全力を出し切ってサイコーの想い出を残して送り出そうと思った矢先に、、、愛子さんからサプライズでTシャツのプレゼントが!

f:id:es4794:20160926233838j:plain


この大会に併せて皆にナイショで作ってくれました。このシルエットを写真からコピーして、黒塗りして、カッターでくり抜いて作ってくれたみたい。皆に喜んでもらえるか不安で、前日は夜3時まで寝れなかったとか。それだけ想いが詰まったTシャツ。もー出走前に全員テンションMAXです。

f:id:es4794:20160926233919j:plain

ブルーのTシャツは川島の失敗作をリスペクト(その気持ちも嬉)してくれたもの。私の判断ミスで皆さんには申し訳ない気持ちで一杯でしたが、愛子さんのTシャツが吹き飛ばしてくれました。

 

号砲間近の赤軍団。10時スタートの頃は気温が30度近くまで上昇して消耗戦の気配も。

f:id:es4794:20160926233907j:plain

 

ただこの赤Tシャツ。ドライメッシュで着やすいだけでなく、遠くから見てもすごく目立つので、襷を待つランナーも分かりやすいと好評でした。 

f:id:es4794:20160926233853j:plain

 

周回の順番は各チームキャプテンに一任しているので、1周ごとに休憩するチームもあれば、休憩をはさまず纏めて走るチームもあります。

f:id:es4794:20160926233909j:plain

f:id:es4794:20160926233836j:plain

f:id:es4794:20160926233833j:plain

f:id:es4794:20160926233827j:plain

f:id:es4794:20160926233828j:plain

f:id:es4794:20160926233829j:plain

f:id:es4794:20160926233831j:plain

f:id:es4794:20160926233825j:plain

f:id:es4794:20160926233826j:plain

 

そして駅伝には魔物がいる。襷を待つ仲間を思いながら走ると、普段通り走っているつもりでもついオーバーペースにさせてしまう魔物です。

 

一人の練習だったら投げてしまうけど、チームで走るから眠っている力を引っぱり出してくれる。体力の限界に挑んでやっと襷が繋がる。受取った次のランナーは襷の重さを感じながらまた走り出せるのかもしれません。 

f:id:es4794:20160926233904j:plain

f:id:es4794:20160926233900j:plain

f:id:es4794:20160926233854j:plain

 

だから襷を繋ぎ切った達成感がたまらない。

レースが終わる頃には襷はズッシリと重くなる。まうで子供の頃に戻ったように夢中で走り、力を出し切った仲間を温かく迎える。

f:id:es4794:20160926233911j:plain

 

f:id:es4794:20160926233857j:plainf:id:es4794:20160926233913j:plain

f:id:es4794:20160926233916j:plain

f:id:es4794:20160926233915j:plain

f:id:es4794:20160926233912j:plain

 

暑かったけどみんな気持ちをこめて走った。愛子さんのTシャツがそんな気持ちにさせてくれた。駅伝部にまた一つ伝説が生まれました。

 

レース後は、駅伝部給酒ポイント・リカーショップウダさんへ移動して、愛子さんの送別会へ。

f:id:es4794:20160926233847j:plain

 

愛子さん、名前の通り愛されてるなーって思いました。最後に楽しくお別れするために、稲毛海岸にたくさんの仲間が集まった。裏方の人達がこの日のために準備を重ね、参加者が惜しみなく力を貸してくれた。走り終えたランナーだけでなく、予定の合間を縫って参加してくれた人達にもサイコーのご馳走とお酒が待っていました。

f:id:es4794:20160926233849j:plain

f:id:es4794:20160926233851j:plain

f:id:es4794:20160926233850j:plain

f:id:es4794:20160926233848j:plain

f:id:es4794:20160926233837j:plain

 

稲毛駅伝部のコンセプトは「楽しく走り、頑張る仲間を応援する」こと。

 

もしこれから先、苦しかったり気持ちが折れそうになっても、この赤いTシャツがあれば愛子さんがいつもそっと背中を押してくれる気がする。心地よい疲れを感じながらそんな事を考えていた秋の一日でした。

 

今までありがとう愛子さん。

これからも赤い魂を胸に走り続けたいと思います。

 

この稲毛駅伝部で。

f:id:es4794:20160926233824j:plain

9月大会へエンジン始動、自主連の猛者ランナーも紹介~ゆる連レポート

どーも虎之助です。

いつもは静かな公園なのに、今日は朝からテンションの高い大人が集まってきて「ワイワイ」「ゲラゲラ」ゆっくり寝てられないんですけどー。

f:id:es4794:20160830082601j:plain

駅伝部のオフ会レポートです。

8月下旬になると朝晩の気温が少しずつ下がり始め、走りやすい季節になってきました。9月のオータムハーフまで1ヶ月を切り、部員も少しずつエンジンが掛り始めてきました。


暑さで練習量や距離がペースダウンする夏場、(特に)自主連を盛り上げてくれた猛者ランナー達を、敬意を表して紹介します。

新井パイセン・・・本格的に走り始めてまだ8ヶ月ですが、もはや駅伝部の誰もが認めるアスリートへと成長。「Q:今後の大会の予定は?」「A:つくば⇒アクア⇒来年は名古屋ウィメンズ狙っております♡」。隣駅までプロテインを買いに走るときも。あっぱれ。

f:id:es4794:20160830082613j:plain


かずくん・・・腰高フォームで地面を軽快に蹴り出しながら、まるで自転車のように走れるのはコツコツ積み上げた練習の成果かも。とにかく朝が強い。かずくんの朝連終了の投稿が目覚ましになることもしばしば。

f:id:es4794:20160830082612j:plain



トミザップ・・・この夏、駅伝部とボクシングの「ミット打ち」をコラボさせた自主連イベントを起動。メンタルの強さがハンパ無いですが、ゆるランもガチランも両方使いこなせる駅伝部のエース。※名誉のためここでコメントは止めておきます

f:id:es4794:20160830082600j:plain


ゆうこりん・・・朝晩やスキマ時間でコツコツ走り盛り上げてくれてます。ランウェアの着こなしもカッコイイし、走り終わったGAMIN投稿を見るとテンションUP。ゆうこりんの自主連に背中を押されたり・ケツバットされて走り出した人もきっと多いはず♪

f:id:es4794:20160830082606j:plain


また有志のランナーで大人の秋遠足(箱根ランツアー)も企画中。楽しいこと・面白いこと大好きな仲間たち。今回もハニートラップがあるのかないのか。箱根の山には魔物がいますからね。気をつけて呑んできてください♪

f:id:es4794:20160830082607j:plain


最初はウォーミングアップも兼ねてみんなでゆっくり。談笑しながら2km。その後1kmラップ30秒刻みを走力に合わせてペーランです。自分のペースに合わせて女性ランナーは6分30秒~6分、男性ランナーは5分~4分30秒。

f:id:es4794:20160830082605j:plain

 

今回の写真撮影も愛子マネージャーがスタンバイ。普段は撮る側のやっしーも今日は身軽です。そして愛子さんの写真って一瞬の表情を切り取ってくれて、その時の様子がよく伝わってきます。

f:id:es4794:20160830082556j:plain


仲間と走ると楽しいだけでなく、ちょっとライバル意識が顔を出したり、一人で走るよりオーバーペースで走れてしまう。川島も後ろから迫ってくる仲間から逃げ切りたくて入れ込みすぎました。

f:id:es4794:20160830082559j:plain



稲毛駅伝部は「楽しく走り・本気な仲間を応援し合う」大人の部活。

次の大会は9月26日・稲毛オータムハーフにエントリー。ハーフマラソンで距離が短いので1チーム3人編成で駆け抜けます。1年前はケガなく楽しく完走できれば◎でしたが全体的に走力が上がってきたこともあり、今は各自が+αを意識しているのが伺えます。

f:id:es4794:20160830082557j:plain



先月のゆる連であるライフセーバーの人に声を掛けられた。
「すごく雰囲気がいいですが、何のサークルですか?」

駅伝部はみんなチームの事を気にかけてくれる。
自分だけ楽しく走れればそれでいい。
という人はいない。

お互いチームのために何ができるかを考えてくれる。
だから一緒いて居心地がいい。

よく部員募集をバンバン行って
闇雲に人数を増やしにいく代表がいるが、私はNO。

人数が増えれば活動の選択肢は広がるかもしれない。
でも急激に人が増えると人間関係で必ずトラブルが起こる。
趣味の活動だから楽しくなければ意味がないし
面白くなければ人もやがて離れていくから。

だから駅伝部は紹介制。
大切な仲間が一緒に走りたい思った人を
駅伝部に繋いでくれる。

そんな想いがあるから
すぐチームに打ち解けられるのかもしれません。

2016年残り4ヵ月も
楽しく走り続けたいと思います。

この稲毛駅伝部で。

f:id:es4794:20160830082558j:plain

暑くても熱い稲毛駅伝部の夏!ゆる連レポート

みなさんこんにちは。

 

自称イケメン・パインアメ整体師の西野です。今日は南国の地から稲毛駅伝部の皆さんと一緒にパインアメ・ステマレポートをお送りします。

f:id:es4794:20160808162835j:plain

 

もとい駅伝部の川島です。

 

毎日暑いですねぇ~。今年の猛暑は駅伝部員を苦しめております。散歩程度でも100m歩けばじんわり汗が出てくる陽気ですから、昼間に走ろうものなら搬送のおそれ大(マジで)。

 

朝や夜でも少し走れば汗だくになる中、Facebookの自主連ページには毎日誰かが滝汗(メチャメチャ汗かきました)投稿。駅伝部は暑い夏を熱く駆け抜けております。

 

7月最後の日曜日、駅伝部の合同練習「ゆる連」を行いました。

f:id:es4794:20160808162826j:plain

 

このゆる連も昨年7月から始めてちょうど1年経ちました。当時まだ手探り状態でしたが船橋ダート駅伝目指して定期的に練習しよう!的な軽いノリだったと思います。

ekiden.kawa4ma.asia

 

あれから1年。月1ペースで続けてきて「ゆる連」も少しずつ認知されてきました。今では部員だけでなく、ちょっと体を動かしに参加する人も毎回いらっしゃいます。

f:id:es4794:20160808162836j:plain

 

最近の練習メニューはこのような感じです。

○ 7:00集合

○ 談笑、自己紹介、告知

○ ストレッチ

○ ジョグ2km(ペース:6:30/km)

○ 休憩

○ ペーラン2km(ペース:自己申告)

○ ダウン、写真撮影、解散

○ 8:00解散

 

ペーランは前回のゆる連から始めました。

走力が各自違うのでゴールタイムが同じ位になるように、ペース順にスタートしていきます。

 

まず6:30/km組がスタート。

f:id:es4794:20160808162830j:plain

 

次は6:00/km

f:id:es4794:20160808162832j:plain

 

次、5:30/km

f:id:es4794:20160808162834j:plain

 

最後は5:00/km

f:id:es4794:20160808162827j:plain

 

想定ではゴールタイムは殆ど一緒のハズなのですが、みんな遅めに自己申告しているので(笑)後ろが追いつけなかったりします。

 

8時になると迫るような日差しで汗だくでしたが、特に怪我や事故も無く無事終了できました。

f:id:es4794:20160808162837j:plain

 

そして今回の写真は愛子マネージャーが撮影。アングルを変えてみんなの笑顔を沢山引き出しながらバシバシ撮ってくれました。こうした一人一人の支えがあって駅伝部は走り続けられると思っています。

f:id:es4794:20160808162825j:plain

 

私たち駅伝部のコンセプトは「楽しく体を動かすこと」そして「頑張る仲間を応援すること」。仕事もみんな違うけれど”楽しく体を動かすことが好き”という共通点で集まってワイワイ戯れています。またご近所同士で一緒に走ったり、有志で遠征やミニ自主連なども。

 

そして只今駅伝部のTシャツを鋭意製作中。次の大会は9月稲毛オータムハーフでは新調のTシャツを引っ提げ、史上最多20名で乗り込む予定です。

 

この夏も熱く駆け抜けていきます。この稲毛駅伝部で。

f:id:es4794:20160808162829j:plain

稲毛駅伝部のHPができました

稲毛駅伝部のHPがちば○○部の中にUPされました。

山ちゃんどうもありがとう!

 

稲毛駅伝部 | ちば〇〇部 | ちば〇〇部

 

駅伝部の活動は、今までブログを書いてきました。ブログはストーリーやエネルギーを伝えるのは向いていますが、全体像を見せるのは苦手です。

 

そこでHPの出番。駅伝部の活動は大きく分けて3つ。

  • 自主連
  • ゆる連
  • 大会

これらがどんな関係で・どんな活動なのか。わかりやすくまとめられています。

 

駅伝部への入部は紹介制で一見さんはお断りしていますので、部員または川島へご連絡ください。

 

飲み会だけど、そこには見えない襷があった賀子さんお祝いパーティー

稲毛駅伝部の創部メンバー
マネージャー賀子さんのお祝いパーティーを行いました。

f:id:es4794:20160629002628j:plain

 

創部2年目の稲毛駅伝部。

実は全体での飲み会はこれが2回目。1回目はデビュー戦の打上げ・現在のメンバーになってからは初めてです。

 

実はこの飲み会、極秘で賀子さんへのサプライズ企画が進行しておりました。賀子さんのばれないように水面下で準備を分担してくださったのはこの方。

f:id:es4794:20160629005103j:plain

 

駅伝部では自主連や大会ようすは、部員が各自FacebookにUPしてくれますが、賀子さんはいつも温かく見守ってくれました。さりげなくメンバーを気遣い、時にやさしく背中を押してくれる。そんな賀子さんの節目をお祝いしたいなーと。

 

そんなサプライズ企画を駅伝部へ投稿したら、アッという間に20人以上の人が手を上げてくださいました。

 

飲み会には参加できなくても、プレゼント企画は喜んで賛同してくれた人がたくさんいて。一人・また一人と増えるたびに、みんなの想いがどんどん大きくなっていく。この方はみんなから愛されているんだなー、と思いました。

f:id:es4794:20160629005107j:plain

 

熱中症・厳重警戒の炎天下でロードレースをきっちり完走し、合流してくれた方も。

f:id:es4794:20160629005110j:plain

 

駅伝部の第一期メンバーも。賀子さんの気配りに脱帽し、トドメの差し入れに感動した話で盛り上がり。

f:id:es4794:20160629005104j:plain

 

今年に入って一緒に加わった仲間も。

f:id:es4794:20160629005108j:plain

 

仕事で全国を飛び回る、超多忙のイケメン弁護士も。

f:id:es4794:20160629005105j:plain

 

今日はエプロンを脱いだイケメンソムリエも。

f:id:es4794:20160629130818j:plain

 

千葉に大きなうねりを巻き起こす敏腕プロデューサーも。

f:id:es4794:20160629130834j:plain

 

大和ヒロシ応援部から急いで駆けつけてくれた社長も。

f:id:es4794:20160629123221j:plain

 

たくさんの同士が集まってみんな笑っていた。

賀子さんがまるで襷になったように、みんなの気持ちを繋いでくれた。

f:id:es4794:20160629005109j:plain

 

駅伝をきっかけにこんなに素敵な仲間と繋がれて、川島も泣きだしそうでした。

f:id:es4794:20160629002629j:plain

 

今の駅伝部があるのは賀子さんのおかげ。
これからも温かく時に厳しく、私たちを見守ってくださいね。

f:id:es4794:20160629002631j:plain