稲毛駅伝部

みんなで繋げば・楽しく繋がる ~ マラソンや陸上初心者の方でも参加できる駅伝サークル in 千葉市

稲毛駅伝部・第3戦記「稲毛フルきずな駅伝」~後編(5走~GOAL)

一つのテーマで分けてブログ書いたの初めて♪

前編はこちら。

 

Bチーム4走→5走は野中総カントク。

f:id:es4794:20151222014519j:plain

 

間抜けな部長(私)を、いつもさりげなくサポートしてくれる心強いパートナーであり、稲毛駅伝部の発起人です。朝から場所取り、襷のレクチャー、大会初参加のランナーへのアドバイスなど、今回も沢山助けていただきました。

f:id:es4794:20151221174731j:plain

 

Aチーム4走→5走はAさん。

f:id:es4794:20151221174733j:plain

 

元陸上部のAさん。出張が多いお仕事ですが大会前に自主連でハーフを走りキッチリ脚を作ってきました。安定感抜群&余力十分だったので、おかわり&アンカー決定です。

f:id:es4794:20151221174730j:plain

 

Bチーム5走→6走はFさん。(スマホ?) 

f:id:es4794:20151221174727j:plain

 

敏腕プロデューサーで有名なFさん。表面上は冷静沈着ですが、夏の暑い時期から密かにコツコツ練習していたのはタイムが証明しています。エンタメ役で朝からチームを盛り上げてくれました。注)これレース中です。

f:id:es4794:20151221174722j:plain

 

Aチーム5走→6走は、Yさん。

f:id:es4794:20151222015653j:plain

 

Yさんは体調が万全ではありませんでしたが、何とか調整して参加してくれました。安定したフォームに加えて接地(脚付き)が力強いスピードランナーです。今日はペースを落として安全運転で走ってくれました。

f:id:es4794:20151221174726j:plain

 

Aチーム6走→7走はOさん。

f:id:es4794:20151222020234j:plain

 

Oさんも稲毛駅伝部をきっかけにランニングを開始。今大会で襷リレーの瞬間がこれだけブログに書けるのはOさんのおかげ。脚立持参で写真を撮ってくださいました。もうプロですよプロ。

f:id:es4794:20151222021449j:plain

 

自主連でも目標タイムを設定して反復され、みんな刺激を頂いてます。その成果は1km毎にビルドアップするラップに現れてましたね。ラストスパートも脱帽でした。

f:id:es4794:20151222020414j:plain

 

 

Bチーム6走→7走は石井社長

千葉で知らない人は居ないくらいアクティブに行動されています。11月後半から連日続く忘年会の中でしたが、朝から一緒に走れて楽しい一日に。いつものように写真も沢山撮って頂きました。石井社長が撮る写真が魅力的なのは、石井さんと出逢うとみんな自然に笑顔になってしまうからだと思います。

f:id:es4794:20151222091010j:plain

 

連日の忘年会の中で、激走を讃えあう姿、そしてこの一瞬を見逃さないカメラ。みんな素敵すぎ♪

f:id:es4794:20151221174720j:plain

 

Bチーム7走→8走はIさん。

f:id:es4794:20151222083937j:plain

 

昔、アルゼンチンにサッカー留学していた程のアスリート。ほとんど練習してないと言ってましたが、Bチームで唯一19分台を叩き出したのはエンジンの大きさか、本番に強いアスリートの血か。ナイスランでした♪

f:id:es4794:20151222021828j:plain

 

 

先着はBチーム。どーですこの笑顔♪

f:id:es4794:20151222022306j:plain

f:id:es4794:20151222022404j:plain

 

Aチームは3分30秒遅れで後着でした。

f:id:es4794:20151222022141j:plain

f:id:es4794:20151222022416j:plain

 

12月に入り体調不良やお仕事・忘年会などで疲れ気味のメンバーも多かった。でもこの大会に合わせて調整してきました。

 

お互いを信頼し・笑い・励まし・時には活を入れ・讃えあえる。そんな仲間が中継所で待っていると思うと、少し苦しくても襷を運べてしまう。 駅伝にはそんな魅力があるかもしれない。

 

だから襷が繋がる。

 

選手が襷を繋げるし・襷が選手を繋げてくれる。42.195km走り切った瞬間、選手一人一人が線になったような気がしました。一人では遠いフルマラソンも、襷と仲間が一緒なら到達できる。駅伝の楽しさを改めて感じる事が出来た大会になりました。

 

2016年も楽しく走り続けたいと思います。この稲毛駅伝部で。

f:id:es4794:20151221174753p:plain