読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

稲毛駅伝部

みんなで繋げば・楽しく繋がる ~ マラソンや陸上初心者の方でも参加できる駅伝サークル in 千葉市

まるで季節外れの台風が直撃『ジャパンサーキット・千葉大会』~第二章

集合からウォームアップまではこちら

ekiden.kawa4ma.asia

 

いよいよスタートです。今回は荒天予報でキャンセルが出たチームもあったようで出走は約25チーム。

  

今年度からチバラボの指定管理で施設長を務め、今千葉でグイグイきてる福岡総監督からも激励が。「ハイ、みなさん今日はちゃんと生きて帰ってきてくださーい!(嘘」

f:id:es4794:20160420000136j:plain

 

SHITSURAIオーナーの坂本さんも。忙しすぎて練習する時間はほとんどなくぶっつけ本番、、、さてレースはいかに。

f:id:es4794:20160419234551j:plain

 

風も強くなってきてフードが手放せません。そして「稲毛ほっかむり部」が誕生。

f:id:es4794:20160421042335j:plain

 

 

9:50スタート。

A:武村さん、B:奥谷さん、C:和くんです。まだ曇っていますが風は強め。

f:id:es4794:20160419234613j:plain

 

前回は1走の岡崎さんがまさかの痙攣(けいれん)で離脱。リベンジに燃えています。このことは駅伝部のランナーは知ってるし、みんな念入りにウォームアップしたので問題なさそう。

 

トラブルは何もないな、うん

 

・・・

・・・

 

遠くの方から本部のアナウンスが

 

タスキを落とされたがチームがいまーす

ゼッケン***番、ゼッケン***番のチーム~

 

ん?

聞き覚えのある番号。

 

すると岡崎さんが基地に飛び込んできて

 

「竹薮さんがタスキ落としましたー!(ノ∀`)」

 

本人も気づいたら無かったそうです(大汗)。そりゃあー焦りますよ。竹薮さんは前回アンカーを走っていますから、タスキの重さは人一倍実感していたと思います。

 

そんな竹薮さんを攻めるランナーは誰も居ませんでした。むしろ遅れた分を取り戻そうと結束。こういうところが稲毛駅伝部のインナーマッスル。みんなサイコーです。

 

タスキは後続のランナーが拾って本部に届けてくれたようです。さすが稲毛駅伝部もってます!

 

 

岡崎キャプテン、安保キャプテンもスタート。

f:id:es4794:20160419234554j:plain

 

今日は風との戦い、午前中の時点で風速15m。キャプテン二人もこの風には苦戦したようですが、きっちりまとめてくるあたりは流石です。

f:id:es4794:20160419234559j:plain

 

和くん→新井さん。

稲毛駅伝部にはFacebookで自主連をシェアするイベントページがありますが、この二人はバシバシUP。練習でもみんなを引っ張ってくれました。新井さんも一週間前にソロで10kmレースをデビュー。ボルダリング部を立上げながら駅伝部にもガツガツ参加してくれて盛り上げてくれます。

f:id:es4794:20160419234619j:plain

 

奥谷さん→福岡さん

奥谷さんは主催するイベントが午後にあるため部分参加でしたが、おニューのサンダルで軽快にキッチリまとめて頂きました。福岡さんも多忙で体調が万全ではありませんでしたが気持ちでおかわり。二人ともメンタルの強さハンパない。さすがプロ。

f:id:es4794:20160419234547j:plain

 

川島→石井さん

Cチームはタスキリレーを少なくしたので川島は合計7周14.7km。爆風でケッコーきつかったですが「他のチームはどの辺かなー」とか「あと◎分くらい貯金作りたいなー」とか、色々考えていたらアッという間に中継所へ。タスキの力恐るべし。

f:id:es4794:20160420000135j:plain

 

石井さんは合計5周10km。今回も矢彦沢さんと分担しながらバシバシ写真を取ってくれました。石井さんの写真ってみんな自然な笑顔でいー感じなんですよねー。すごいなー

 

ほら、こんな感じとか

f:id:es4794:20160420000131j:plain

 

こんな感じで

f:id:es4794:20160421002352j:plain

  

 

坂本さんもがんばりました。

3月から4月はメチャメチャ忙しい中で怪我もあり、ほとんど練習できなかったようですが気持ちで「もう1周いきます!」ってマジすごいわ。

f:id:es4794:20160420000139j:plain

 

そしてスペシャルなゲストランナーも加わりました。

 

一人目は前回のゆる連から部員に加わった野口さん。自主連で月100kmをコンスタントにこなすランナーです。野口さんとは、稲毛駅前で骨盤整体&ボディケアを行うドバーズ・ランプの秋葉さんからご紹介して頂きました。こうした人の繋がりからうまれる縁の広がりは、人生メチャメチャ楽しくなるんですよね。

f:id:es4794:20160419234607j:plain

 

二人目は冨田さん。今日は会場までの往路10km→レース4km→終わって復路10kmという、理解不能な脚力とメンタルをお持ちのガチランナー。10km走ってきてレースで1km4分でまとめるってどんだけ!?いー物見せて頂きました。(でもゆる連もイケる口です)

f:id:es4794:20160420000138j:plain

 

午後になると風がさらに強まり、砂が飛んできて立ってるのがやっと。まるで台風のよう。

f:id:es4794:20160421010000j:plain

  

そんな中マネージャーの愛子さんはずーっとチームを見守ってくれました。襷待ちの石井さんとエア襷リレー。みんなが周回順を気にせずレースに集中できるのも愛子さんのおかげです。

f:id:es4794:20160421014854j:plain

 

突風は海岸から砂塵を連れて肌に突き刺さり、風上に向かって目は開けられないほど。耳の中は砂だらけ・メガネは埃で視界不良・シューズの中も砂だらけです。いつ荒天で中止になってもおかしくなたった。

f:id:es4794:20160421042548j:plain

 

そんな中いよいよフィナーレ。

最終章へ続く。